« FUJIROCK2010 7/30 | トップページ | FUJIROCK2010 8/1 »

2010年8月10日 (火)

FUJIROCK2010 7/31

2日目の朝一はグリーンにて、メンバーチェンジをしたJOHN BUTLER TRIO。ジョン・バトラー超オシャレでしたね!アタシにはよくわからんが、ギターの技も数々。長い爪でギターから色んな音出してました。

Dvc00266ジョンバトラーの後は、最終日にお持ち帰りするゴンチャン探しもかねて川でまどろむ事に。 ヤハリ冷たい苗場の川。カンカン照りだったらもっと気持ちよかったのになぁ。とにかく、川に入るってのも、フジロッカーなら毎年欠かせない恒例の一つですよねdash

今年はシッカリとした橋がかかって、いつものドカン橋がなくなったので、フジで良く見る光景のドカンくぐりをして遊ぶヤツラの姿も見れず。でも安全になったからね!

Dvc00267 グリーンのKULA SHAKERを横目に(クリスピアンはやはり王子だった)ベンジー・・・というより照井さん見たさでREDのPONTIACSへ。REDの後方入り口で見ていたのですが、照井さん!叫んだ!調子イイ感じですね!ベンジーが「ベース、照チャン!」と紹介した時の歓声はやはりヒトキワ大きかった。そんな感じでPONTIACSを見ていたらなんとダイノジの大谷さん発見!!!REDへ入っていかれたのです!大興奮のアタシはPONTIACSは完全に出待ち状態。いつ出てくるのか今か今かと待ちわび、PONTIACS後半にREDから出てきた時にすかさず声掛けに行ってみましたsweat02ヒザビサに握手を求めてみたが、ヤハリ7,8年前より手がプクっとデカクなってました(失礼・・・)。PONTIACSはベンジーにしては珍しくPONTIACSの曲しかやらずでした。

Dvc00265 友達に絶対見てねとゴリゴリ押されたのでJAMIE CULLUMをグリーンにて。影像でしか見たこと無かったけど、ピアノの上に乗ったり、ステージ端からダッシュでピアノに飛び移って演奏したりと、噂どおりのパワフルなステージでした。

ジェイミーを途中後にし、REDへ22-20sを見に行きました。みんなもそんなに帰ってくるのを待っていたのか?!ってくらいREDは激混みでした。仕方なく後方で聞いていたんだけど、新しい曲ばかりでなく、一度解散する前の曲もキチンとやってくれました。あぁかっこいぃ音だねぇ。でもちょっと音がズレて聞こえたのは気のせいか?!

激混みREDを後にホワイトへ移動し、クロマニヨンズへ!コレは、かかせません!1曲目「弾丸ロック」の始まりとともに前へ前へ、たまに暴れて、歌って!「草原の輝き」で、ヒロトは気持ちよかったから長めにやっちゃったと、いつもより磨きがかかったハーモニカソロを披露。曲間のMCでは「こんだけ沢山の人が集まってくれると、ホーム!アウェーなんて無いんだー!」と上手くまとめてました♪ベスト的な選曲すぎたので、でもう少し色々やって欲しかったなぁ~。そして短かったなぁ~。

ちょっとクロマニヨンズで暴れすぎて、大分バテてしまい、体力の衰えを痛いほど痛感。少しセーブすべきでしたねsweat02ここで、疲れた体にはこたえる雨が急にザーっと降りだしましたrain

雨の中、ザックのONE DAY AS A LION。CDの通り、トムモレロの足りない音をキーボードで足してる感じがしちゃいました。曲数も少ないのであっという間に終わってしまった。

降りしきる雨の中、次のMGMTを待ちました。少し小雨になった頃、メンバー登場!「Kids」聞きたさに客はわんさか!やはり「Kids」はラストまでやらず、途中けっこう抜けてく人多かったですねcoldsweats01LIVEはセカンド色の強い世界観がありました。

雨に打たれ、クロマニ疲れも抜けなかったのでRIVA STARRは諦め一旦宿に帰ることに。宿に帰ると腰が重くなりますね・・・sweat02BOYS NOIZEは最後チョット見れればいいやぁ、と妥協が出てナカナカ再スタートを切れず、終わり20分だけBOYS NOIZEで踊りました。カッコヨカッタheart04

耳の病気からの復活MYLOは、以前はジャックジョンソンと見間違える感じだったのにすっかりポッチャリしてましたsweat02もともと?!写真だけ?!みんな待ってましたーって雰囲気で深夜にもかかわらず、けっこう人入ってました。最初はPOPな古い感じの曲をかけていましたが、徐々にテンション上がる選曲してました。が、疲れはハンパなかった・・・。30分程踊って、岩盤チラ見して、帰宅しました。

クロマニを楽しみすぎたのが一番の敗因???な2日目でしたbearing

|

« FUJIROCK2010 7/30 | トップページ | FUJIROCK2010 8/1 »

コメント

2日目Green Stageは割と年配向けのラインナップともあり
オーディエンスもかなり分散したようですね。

John Fogertyだけは見届けたかったんですが
スケジュールの都合で断念しました。

One Day As A Lionは観客が求めているものと
ザックが届けようとしているものの差が出ちゃった感じかしらね。
正当な評価はアルバム出してからかな。

ダンス系はホント深夜だけだった感じですね。

投稿: めいぐると | 2010年8月13日 (金) 00:11

>めいぐるとさん
そういえばロキシーはわりとガラガラだったと聞きましたが・・・。
ホワイトに大分集中しちゃった気がしますねー。雨で動きもとり辛かったですね!

投稿: sugar | 2010年8月13日 (金) 18:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/123149/36093917

この記事へのトラックバック一覧です: FUJIROCK2010 7/31:

» Fuji Rock 10レポ(7/31) [宇宙のめいぐると]
オヤジへの目配せも忘れない二日目・・・ [続きを読む]

受信: 2010年8月13日 (金) 00:06

« FUJIROCK2010 7/30 | トップページ | FUJIROCK2010 8/1 »